インボイス制度の勉強

最近、税務署よりインボイス制度についてのセミナーの案内が来ました。

税務署から通知が来ると大体税の支払いだろうなと思ってしまいますが、内容はインボイス制度についてでした。

インボイス制度が適用されると具体的に何がどう変わるのか不明なので、この機会に勉強しました。

  • 2023年10月1日から「インボイス制度」が適用されるようになる。
  • 「インボイス制度」の正式名称は「適格請求書等保存方式」と言う。
  • 「インボイス」とは「適格請求書」とも言う。
  • インボイスがあると買主は仕入税額控除を受けることができる。(つまり買主のメリットになる)
  • フリーランスエンジニアは「売主」、企業は「買主」になる。
  • フリーランスエンジニアが買主(取引先)にインボイスを発行したい場合は課税事業者になる必要がある。
  • 「課税事業者」と「免税事業者」がある。
  • 課税事業者は年間の課税売上高が1,000万円を超え、消費税を納付する義務がある個人事業主のことを言う。
  • フリーランスエンジニアが課税事業者にならない場合、取引先から取引を打ち切られる可能性がある。
  • 2023年10月までに課税事業者になるか決めなければいけない。

色々調べましたが、結論から言えばフリーランスエンジニアは「課税事業者」になった方が得だと思いました。

得というのは、消費税を納付する義務が生じるが、取引の継続、新規取引などで取引先(買主)にとってメリットを与えることができます。

ただ何もしなければ消費税分、自身の利益が少なくなるのでそこはフリーランスエンジニア自身がスキルアップをするなどして取引先にメリットを提示する必要があると思います。