都内で中古戸建を購入する際の注意点まとめ

東京都内で中古の一戸建てを購入する際の注意点をまとめました。

確認事項まとめ

  • 前の住人はなぜ売りに出すことになったのか?
  • 住宅ローンが組めるか?(建ぺい率オーバー、容積率オーバー、再建築不可)
  • 住宅ローン減税が受けられるかどうか?
  • すまい給付金を受けられるかどうか?
  • 新耐震基準を満たしているか?
  • 保険はあるか?
  • 何年住めそうか?
  • 家の傾きをチェックする。(スマホのアプリで簡単にチェックできる)
  • ごみはどこに出すのか?
  • リフォームが必要な個所はどこか?
  • 電気・水道・ガスは利用できる状態か?

注意点まとめ

  • 戸建て住宅は築20年を超えると建物の価値がゼロとみなされる。
  • 住宅ローン審査をしておく。

仲介手数料

売買価格の3%+6万円+消費税

【例】3,000万円の場合

3,000万円×0.03 + 6万円 + 消費税=90万円+6万円+9.6万円=105.6万円

鉄骨造戸建てのメリット・デメリット

軽量鉄骨造、重量鉄骨造

■メリット

  • 頑丈・耐火性・防サビ性が高い。
  • 柱や足回りが腐らない。
  • シロアリなどの害虫の被害が少ない。
  • 木造に比べ火災保険料が安くなる。
  • 解体時に鉄をお金にできる。

■デメリット

  • 夏は暑く、冬が寒くなりやすい。(断熱材が必要)
  • 固定資産税が上がる。

流動性が大切

何千万円もかけて一戸建てを購入することはリスクがあります。

実際に住んでみて気に入らない場合は、隣人のおかしいなど、どうしてもそこに住むことができなくなった場合、「売却する」か「賃貸で貸し出す」くらいしか方法がありません。

ただ、だれも住みたくない場所であったり、経年劣化して汚かったり、駅から遠かったりすると次の人が見つかりません。

再建築不可に要注意

再建築不可の物件は安いですが、住宅ローンが受けれません。

その結果、最終的な購入価格は非常に高くつくことになることがあります。

一括支払いの場合なら安く購入できますが、それ以外ではメリットはなさそうです。

80歳までローンが組める

80歳までローンが組めます。

20代なら余裕ですが、逆算すると50歳くらいまでは30年ローンが組めて余裕を持った返済ができます。

そのため、年齢が高いからと言って悲観的になる必要もありません。

これだけは嫌だというものを挙げる

私の場合は 1点だけで「隣人の騒音」だけです。

これが一番ストレスが溜まります。

これさえなければ、狭かろうが、駅から遠かろうが、ストレスは全くありません。

その他

  • リフォームをすると高く売れる物件がある。リフォームしないと汚く見えるが、リフォームすると問題ない。