【史上最強の人生戦略マニュアル】を読んでのまとめ

「史上最強の人生戦略マニュアル(フィリップ・マグロー著、勝間和代 訳)」を読んでのまとめです。

最近、仕事と育児に忙しくて全く本を読めていなかったのですが、9連休の正月休みで少し時間ができたのでもう1回読み直しました。(熟読はできませんでしたが)


史上最強の人生マニュアル あなたのまわりにある理不尽な悪意に打ち勝ち、成功を手繰りよせる方法

史上最強の人生戦略マニュアルを読んでのまとめ

自分が正しいかどうかはあまり関係がない。

人生は、自分一人で問題を解決できることはなく、必ず誰かとの関係についての問題を解決することになる。

つまり「自分が言っていることが正しいから世界中のみんなが自分に見方をしてくれるだろうと思っても確実に自分の思う通りにならない」ということだ。

結局、社会は「正しいか正しくないか」ということよりも、「誰が言ったのか」、「どちらが力を持っているか」「どちらが魅力的か」ということで勝敗が決まることがあるということだ。

人生とはゲームだ。ゲームのルールを知っておいた方が身のためだ。

人生にはいろんな「ルール」というものが存在するということだ。

そして「史上最強の人生戦略マニュアル」には数多くの「ルール」を解説している。

人生の戦略を持つこと。

競争心を持つ。単純に日々を過ごすだけなら競争心がない。

自分は自分自身の人生に責任がある。

人生でトラブルがあった時に、放っておいてますます事態を悪くする。なぜ自分だけが・・・といつまでも考えてしまう。

誰かが自分の代わりに闘ってくれたり、守ってくれると信じている。

問題がひとりでに解決することは絶対ない。放っておくと余計悪くなる。自分が何とかしなければいけない。

問題に気が付いているのに、気が付かないふりをしてはいけない。

よくスピード違反をする人がいるが、たまたま今まで何も起こらなかっただけだ。次は命を落とすかもしれない。

自分の問題に対する深い洞察や理解は全く必要ない。必要なのは今すぐ事態を変えるべく行動することだ。

「意思」ではなく「結果」に焦点を合わせる。

正しいかどうかではなく、うまくいっているかどうかを考える。

人生は「自己責任である」ということを繰り返し語っている。

また、「甘え」を排除している。

例えば、最近 40代~50代の独身男性が中心となった「引きこもりによる事件」「無職による事件」「生活保護をこち割られての事件」が多いような気がするが(多い少ないはあまり関係ないかもしれないが)、要するに「僕がこんなにイライラしているのに何でみんな僕に対してよくしてくれないんだ!」という不満から残酷な事件を起こしていると思っている。

私も社会に対する不平不満を持ったことが一度もないかと聞かれたら、「ある」と答えざるを得ないが、この「史上最強の人生マニュアル」ではそんな「甘え(僕は何も悪くない!社会が悪い!)」に対してどう対処すればいいのかを繰り返し述べている。

やっぱり人生を生きていくのは「厳しい」という現実がある。

以下の項目を見て自分を振り返ってみる

  • 今の仕事でもっとお金を稼げないことに不満を抱いている
  • 自分には今以上のことを成し遂げる能力がある
  • 型にはまってしまって、望むものが手に入らない
  • 自分にうんざりしている
  • 感情が欠けた不毛の生活あるいは結婚に黙って堪えている
  • 死ぬほど退屈でやりがいのない仕事を無気力にだらだら続けている
  • 目標達成に向けて努力を払っていない
  • 情熱も計画も目標もなく、人生を「おざなりに生きている」
  • 実際にはあなたの行動には信じられないほどの危険が伴うのに、空想の世界に生きて自分が失敗することはないと思っている
  • 苦労することも自分が望むものもろくになく、望んでもいないものが多すぎる安全地帯に引きこもっている
  • 変わる見込みのほとんどない孤独な人生を送っている
  • 手に負えない金銭的負担に苦しんでいる
  • 罪悪感や不満、憂畿をいつまでも引きずって生きている

こうした重荷を受け入れるだけでなく、戦略に基づいて対処をして変えなければいけない。


史上最強の人生マニュアル あなたのまわりにある理不尽な悪意に打ち勝ち、成功を手繰りよせる方法