【いつもの】Windows 10 Anniversary Update の累積的アップデートで阿鼻叫喚

サッスー
管理人サッスー
Windows 10 Anniversary Updateの累積的アップデートでトラブル発生が相次いでいるそうだ。
公開直後にいろいろと不具合が見つかった Anniversary Update であるが、また新しいトラブルを巻き起こしている。
 
colors-1173976_640
 
これは正直言ってしょうがない(笑)
 
マイクロソフト社はこういうのがよくある。
かといって他に選択肢がないんだよね。
サッスーはインフラ系エンジニアでLinuxを日常的に使っているが(ただしまだまだプロ級ではないので日々勉強中)、LinuxはWindowsの代わりにはならないね。
MacだったらWindowsの代わりになるよ。
むしろ画像系、映像系ならWindowsよりMacの方がいいくらいだ。
 
 
しかしWindowsのこんな感じの恒例の不具合は笑ってしまう。。
 
社内SEで従業員のPCを管理している人にとっては笑っていられないと思うが、徹夜明けでフラフラになって事故らないようにしてほしい。
 
Windowsよりも健康が大事だからね。
vegetables-760860_640
 
 

続きを読む “【いつもの】Windows 10 Anniversary Update の累積的アップデートで阿鼻叫喚”

【Linux】 HDDの使い方

LinuxとWindosのHDDへのデータの書き込みを確認するとLinuxの方がバラけている印象がある。
 
 
WS000682

 

①Windowsはディスクの端から詰めて書き込みをするから、データを書いたり消したりを繰り返すと断片化してしまう。

②Linuxは最初からデータをバラバラに書き込む。

ws000091

 

なぜWindowsとLinuxで違いがあるかと言うと、単なる設計思想の違い。

どっちが正しいとか、間違っているというのはない。

 

たとえば、Windowsに関して言えば、HDDの外周部ほど読み書きが速くなるので、端から詰めて書くことで速い部分に集中してデータを置くことができる。

その結果、同じ使用量、同じ断片化率の場合はWindowsのが速くなる。

 

しかし、デメリットとして断片化しやすく、また細かいデータが大量にHDDに書き込まれれば書き込まれるほど遅くなる。(メリットがなくなる)

 

Linuxは最初からバラバラにデータを書くことで使用量・使用状況に関わらず一貫して平均的な速度で、またある程度の空き容量があれば断片化もしにくくなる。

SSDの場合は断片化が発生しないような設計思想で作られているLinuxの方がメリットが多そうな気がする。

断片化してデフラグが発生すると、その分ディスクアクセスやデータの移動が発生するので、HDDではなくSSDを使っている場合は、Windowsの方が寿命が短そう。

 

 

【無料・初心者向け】VMware(仮想環境)でLinux(CentOS7)を構築する具体的手順【画像】

screenshot

サッスーのVPS環境は CentOS6 のみである。

しかし、仕事で CentOS7 を使っているので、自宅のPCに CentOS7 の環境が欲しくなった。

だから VMware で Linux環境(CentOS7)を構築してみることにした。

 

もちろん、無料でやりたいから、AWSはなし。

確かに AWS は安いが、無料でやりたい。

 

そのため、VMware Workstation 12.5.2 Player を選択した。

※Varant とか、Virtual Box とかほかにもあるが、今回は VMware Workstation Player にした。

 

それにサッスー含め、初心者でも簡単に環境ができると思ったからだ。

 

1.設計をする

まずは、どうするのか、事前に設計してみる。

ちなみに、以下の環境で構築する。

 

OS:Windows7 Professional Edition SP1 64bit

 

※注意

VMware Workstation Player は、32bitマシンにはインストールできないので注意。

 

続きを読む “【無料・初心者向け】VMware(仮想環境)でLinux(CentOS7)を構築する具体的手順【画像】”

Ruby 初心者スレッド【Part.1】

5: デフォルトの名無しさん 2016/10/02(日) 22:05:08.76 ID:mO5jHYyT

Linux API を、Windows API に変換するので、Ubuntu64 のバイナリがそのまま動く、
Windows Subsystem for Linux (WSL) で、Ruby, Rails をやっている人いる? 調子はどう?

apt-get で、パッケージもインストールできる

日本語も使える端末、ConEmu。
GUI表示用のXサーバー、Xming X Server for Windows

 

続きを読む “Ruby 初心者スレッド【Part.1】”

SSLの使い方【Part.3】

93: 名無しさん@Vim%Chalice 04/06/09 22:00 ID:gS2xj2/n

某@it掲示板で質問したのですが、レスがいただけず、ここに流れてきました。
下記の件について、何かご存じの方がいらっしゃいましたら、
ご教授をお願いいたします。

 

環境は、Windows2000 + Tomcat 4.1です。

 

漢字名のフォルダに対して、SSL認証をかけようとしているのですが、うまくいってません。
一応、英数字名のフォルダに対して、セキュリティがかかっているのは確認しています。
ちなみに、webapps直下のフォルダ名も漢字でありまして・・・。

こっちのほうは、server.xmlにcontextを設定するのもちゃんとできてます。

 

で、私がそのためにやったことなんですが、

 

・web.xmlをutf-8にする。(くどいようですが、エディタにutf-8である旨を指定して
 ファイルを開くと、正常に漢字が見られるようになってます。)

 

・web.xmlのsecurity-constraintに、url-patternを設定。
  ・漢字(urf-8)で設定(まあ、ファイルのエンコードがutf-8ですから)
  ・URLエンコードで設定(Mozillaがアドレスバーに展開したものをコピーしました(^ ^;)

 

てなところです。

 

ログインした状態で、url-patternに記述した監事フォルダ以下のファイルのURLをコピー。
そしてログアウトしてから、直接URLをたたくと、ログインページに飛ばず、見られてしまうんです。

 

ひとつ、英数字のフォルダをはさめば、問題は解決するんですが・・・。
ポリシーの管理者が私ではないので、何とか、漢字名フォルダを
利用できるようにする方法を探してます。

何か、ご存じの方がいらっしゃいましたら、ご指摘頂けますよう、お願いします。

 

【2chまとめ】人生成功を加速させるニュースまとめ 管理人サッスーの補足
管理人サッスーの補足

サッパリわからない(笑)
もう漢字フォルダを止めるくらいしか対処方法はないだろう(笑)
自分でも分かっているはず。
エンコードがうまくいってないのかな?設定だけでなく、アプリケーションにもエンコードするライブラリかなんかを入れてエンコードするとか。
ダメということは、どこかがうまくいってないというだ。
何の力にもなれないエンジニアのサッスー(笑)

 

続きを読む “SSLの使い方【Part.3】”

Intel、MSの衰退とAmazon、Googleの繁栄

1: Socket774 2016/10/13(木) 15:48:17.98 ID:hk/TY0UY

ウィンテル連合 VS Amazon・Google連合

 

この対立構造にITポータルサイトは何ら言及しないのはなぜ?

 

osx 

 

引用元: http://potato.2ch.net/test/read.cgi/jisaku/1476341297/

 

続きを読む “Intel、MSの衰退とAmazon、Googleの繁栄”

Linux系OSを使う利点ってなに?

1: Be名無しさん 2014/07/14(月) 21:46:11.75
かっこいいから使ってみたいんだけど
何ができるんだ?

 WS000478

 

 

引用元: http://tamae.2ch.net/test/read.cgi/os/1405341971/

続きを読む “Linux系OSを使う利点ってなに?”