【MLB】 米メディア 大谷特集 「MLBを除けば世界最高の投手。今オフのFA市場なら最上位」

【MLB】 米メディア 大谷特集 「MLBを除けば世界最高の投手。今オフのFA市場なら最上位」
1: 影のたけし軍団ρ ★ 2016/10/31(月) 14:31:25.18 ID:CAP_USER9
米CBSスポーツは現地29日に
「シリーズが終わり、日本ハムが下す
 ポスティングについての決断に注目が集まる」
と題した特集を伝えた。

大谷翔平01

大谷を「MLBを除けば世界最高の投手」と高く評価。
今オフのFA市場は先発投手が手薄で、
ヒル(ドジャース)、ヘリクソン(フィリーズ)が
最上位に挙がるが「今ならば、大谷が最上位になる」と指摘した。

http://news.biglobe.ne.jp/sports/1031/spn_161031_9818216727.html

続きを読む “【MLB】 米メディア 大谷特集 「MLBを除けば世界最高の投手。今オフのFA市場なら最上位」”

【中国メディア考察】日本はなぜ明治維新を成功させることができたのか Part.1

【中国メディア考察】日本はなぜ明治維新を成功させることができたのか Part.1
1: たんぽぽ  2016/10/29(土) 18:25:41.01 ID:CAP_USER
http://news.searchina.net/id/1621905?page=1

明治維新は世界的に見て、
もっとも大きな成功を収めた
近代化革命の1つと認識されている。

長期に渡って鎖国を続けていた当時の日本が
明治維新からごく短期間で世界有数の大国に
数えられるまでの発展を遂げたことからも、
その成功の大きさを見て取れる。

坂本竜馬01

一方、清の国でも西洋の文化などを取り入れ、
国力増強を目指す洋務運動が行われたものの、
大きな成功は収められず、頓挫したと考えられている。

中国メディアの伝送門は20日付で、
清の国の洋務運動が失敗に終わる一方で、
明治維新が成功した背景を考察する記事を掲載した。

記事は、日本が明治維新を通じて
近代化と工業化に成功した理由について考察し、
明治維新をきっかけに日本が古い体制を捨て、
「急進的な改革」を成し遂げることができた
「強大な力」を考察。

その理由の1つとして、
福沢諭吉の脱亜論を挙げ、
西欧諸国に敗れた中国を「師と仰ぐ」ことを止め、
西欧に学ぶよう日本人に働きかけた人物こそ福沢諭吉であり、
その思想こそ脱亜論だと論じた。

さらに、災害が多く、
天然資源の少ない日本の「危機感」と「劣等感」も
近代化を助けた強大な力の1つであると主張、
また倒幕に成功したことによって
改革の抵抗勢力を最小限にできたことも
「急進的な改革」を成し遂げることができた
「強大な力」の1つであると指摘した。

記事が明治維新という日本の改革に注目したのは、
経済の先行きが不安視される中国が
これから先進国を目指して成長を続けるうえでの
参考となる点を見出すためだろう。

福沢諭吉のような先を見通す眼力のあるリーダー、
国民の利益に真にかなった政策、
また中国を成長させなければならないという
国民1人1人の強い気持ちが必要であることを、
記事は読者に訴えてかけている。

続きを読む “【中国メディア考察】日本はなぜ明治維新を成功させることができたのか Part.1”

【スマップ解散】スクランブル態勢の「スマスマ」最終回 視聴率20%が最低ライン

【スマップ解散】スクランブル態勢の「スマスマ」最終回 視聴率20%が最低ライン
1: 砂漠のマスカレード  2016/10/30(日) 17:04:53.41 ID:CAP_USER9
SMAPの年内解散にあわせて、
フジテレビ「SMAP×SMAP」も年内に終了。
最終回は12月に放送される予定だが、
いまだに日程や内容の詳細は公式発表されていない。

スマップ謝罪_01

28日の定例会見でフジテレビの亀山千広社長は、
同番組の最終回について、
「タイムテーブルを使ってフィナーレを
 盛り上げることができないかと要望しています」
と局を上げてバックアップしていくとコメント。

同番組は1996年にスタート。
「BISTRO SMAP」やコント、ゲストアーティストとのコラボライブ、
さらに過酷な罰ゲームなど様々な企画を放送。

バラエティ番組の中でも
トップの人気を誇る優良番組として成長を遂げた。
これまで数々の高視聴率も記録。

2002年放送の
「SMAP×SMAP ’02 緊急生放送!
 今夜5人そろってスマップが出演します」
は関東地区での平均視聴率34.2%を記録。

続きを読む “【スマップ解散】スクランブル態勢の「スマスマ」最終回 視聴率20%が最低ライン”

【深夜の成功哲学】星野源が深夜ラジオで語った「自分に自信をもつ方法」が正解すぎる

【深夜の成功哲学】星野源が深夜ラジオで語った「自分に自信をもつ方法」が正解すぎる
1: 取り分 ★@無断転載は禁止 2016/10/29(土) 19:27:44.57 ID:CAP_USER9
毎週月曜25時より、ニッポン放送をはじめ全国36局ネットで
絶賛放送中のラジオ番組「星野 源のオールナイトニッポン」。

星野源

音楽家、俳優、文筆家と
様々な分野で活躍する星野 源だが、
ラジオという場ではエロネタをはじめ、
様々な星野節を炸裂させている。

10月24日で放送30回目を迎えた
「星野 源のオールナイトニッポン」。
そこで、星野 源への質問をリスナーから募集したところ、
好きな色はなんですか? 
といった質問から、
どうしたら自分に自信がもてるのか
といった質問まで、様々な質問が寄せられた。

「30ちょい前くらいまで、
 自分に自信がまったくなかったですね」(星野)という星野。

自身の経験を振り返りながら、
自信のもち方について語った。

続きを読む “【深夜の成功哲学】星野源が深夜ラジオで語った「自分に自信をもつ方法」が正解すぎる”

【議論】なぜ昔の中国は、ヨーロッパのようになれなかったの?【制度・思想】

【議論】なぜ昔の中国は、ヨーロッパのようになれなかったの?【制度・思想】
161: 世界@名無史さん 2015/06/20(土) 07:07:30.84 0
なぜ中国は欧州のようでなかったのか、
というのはいかにもな愚問だが 

春秋戦国時代に現代の諸制度の
ヒントとなる思想が出揃っていたにも関わらず 
なぜそれらを生かせなかったかという疑問ならアリだろう 

(ただそれを言うなら古代ギリシャにも
 古代インドにも素材だけならあったし 
 文字化されていないだけで
 どんな民族にもそういう思想の萌芽くらいはあったと 
 想像するのはさして乱暴ではない、
 それを踏まえつつあえて言うなら) 

春秋戦国期には様々な次元の異なる解決方法が
それぞれ対立するものとして拮抗していた 

儒家の徳治主義と法家の法治主義は
国家の原理として拮抗していて、 
併用すればいいじゃないかという
現実主義に至るのは漢代を待たなければならなかったし 

漢代以降だって中国では高官の人徳や
高官とのコネがモノを言う人治主義が法治主義と併存し 
法的な正義と人的な正義の間で
バランスをとるような相対化された
「正義」観のまま現代に至っている 

近代に至って再評価される墨家の思想だが、
いちいち儒家の反対のことを言っているのが面白い 

おそらく儒家に対する当てつけ、
アンチテーゼの思想でしかなかったのではないか 

道家のような小国寡民や
人為の否定といった反文明、反国家の方向ではなく 
平等主義と反封建の合理主義を志向する、
儒家とは異なる国家構想を持っていたらしいが

 

続きを読む “【議論】なぜ昔の中国は、ヨーロッパのようになれなかったの?【制度・思想】”

孔子って確かに仁義礼智を網羅する聖人だけどさ【文化制度継承編】 Part.5

孔子って確かに仁義礼智を網羅する聖人だけどさ【文化制度継承編】 Part.5
130: 世界@名無史さん 2015/06/19(金) 02:38:19.78 0
本当に皇帝と臣下がまともに世襲できなかった 
くらいしか思い浮かばないんだけど・・・・・ 

文化や経済、体制なんかも
一応王朝を越えて脈々と受け継がれているわけだし

続きを読む “孔子って確かに仁義礼智を網羅する聖人だけどさ【文化制度継承編】 Part.5”

【ファッ!!】古代人の石器。実はサルが作ったものだった可能性

【ファッ!!】古代人の石器。実はサルが作ったものだった可能性
1: きつねうどん ★ 2016/10/21(金) 07:21:43.11 ID:CAP_USER
古代人が作ったと思われていた石器が、
実はサルが作ったモノである可能性が示唆されたとの記事が
19日付けのNature誌に掲載されている。

オマキザルは、石を道具として使い、
ナッツを砕いたり、穴を掘ったりすることが
以前より知られている。

しかし、2005年、オマキザルが珪岩同士をぶつけて砕き、
生じた粉を舐めている様子が初めて観察された。
これは石を道具として使っている、
あるいは加工しているのではなく、
粉に含まれるミネラルを摂取するために、
このような行動を採っていると推測される。

だが、この際にできた珪岩の破片を、
そのことを知らずに同僚から見せられた
オックスフォード大学の考古学者トモス・プロフィット氏は、
これが2~300万年前にアフリカ東部で
ヒトの祖先が作った石器と酷似していると判断した。

実際には数年前にブラジルでサルが作ったものだった。

こういったことから、
実はサルによって偶発的に作られた石の破片が、
現在、ヒトの祖先が加工した石器だと
認められている可能性が浮上してきた。

プロフィット氏らは、
石器の形状だけで判断することなく、
例えば狩られた動物の骨と一緒にみつかるなど、
他の証拠を求めるべきだと警鐘を鳴らしている。

https://youtu.be/j0jqJUF1nOs

猿石器

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/yajiuma/1025880.html

続きを読む “【ファッ!!】古代人の石器。実はサルが作ったものだった可能性”

【犯罪】元タレントの羽賀研二受刑者に約4億円の賠償命令

【犯罪】元タレントの羽賀研二受刑者に約4億円の賠償命令
1: メンマ(茨城県) 2016/10/27(木) 21:36:31.99 ID:iIu5ULge0
未公開株売買をめぐる
詐欺などの罪で懲役6年の実刑が確定し、
服役中の元タレント、
羽賀研二(本名・当(とう)真(ま)美喜男)受刑者(55)に対し、
株を購入した被害者の知人男性が、
代金など約4億円の返還を求めた訴訟の判決が27日、
大阪地裁であった。

羽賀研二_01

森田浩美裁判長は「株の売買契約は無効」として、
羽賀受刑者に請求のほぼ全額の支払いを命じた。

判決によると、男性は平成6年ごろから、
羽賀受刑者に金銭を貸し付けるなど経済的に支援。

同13年に羽賀受刑者から頼まれ、
医療関連会社の未公開株を購入した。

結局この会社は上場せず、翌14年に破産宣告を受けた。

判決理由で森田裁判長は、
男性は羽賀受刑者から仕入れ価格と同額で株式を譲渡すると説明され、
それを信じていたのに、実際の譲渡価格はその3倍だったと認定。

契約の前提が違っており、売買契約は無効だと判断した。

男性は判決後に取材に応じ、
羽賀受刑者について
「全額返金するなら、もう一度助けるつもりはある」と話した。

http://www.sankei.com/west/news/161027/wst1610270059-n1.html

続きを読む “【犯罪】元タレントの羽賀研二受刑者に約4億円の賠償命令”