「Linux」カテゴリーアーカイブ

RedHatを使用する際に「サブスクリプション契約」という用語をよく聞く

サッスー
管理人サッスー

RedHatを使用する際に「サブスクリプション契約」という用語をよく聞く。

あらためてレッドハットの「サブスクリプション契約」についてまとめてみた。

 

続きを読む RedHatを使用する際に「サブスクリプション契約」という用語をよく聞く

【Linux】パーティション・ファイルシステムの勉強

サッスー
管理人サッスー

サッスーはインフラエンジニアで普段業務でLinuxの構築・運用管理をしている。

常に勉強が必要であるが、どうしても2chを見てしまう。

しかしたまにはLinuxやプログラムの勉強をする。

 

Linuxでは、多くの種類のデバイスがサポートされている。

・ハードディスク

・フロッピーディスク

・CD-ROM

・DVD-ROM

などである。

 

接続方法は

・IDE接続

・SCSI接続

など。

 

Linuxはデバイスをファイルとして扱い、ファイルとしてハードウェアの管理を行う。

 

そのファイルは「デバイスファイル」と呼ばれる。

/devディレクトリ配下に格納されている。

 

ハードディスクはいくつかのパ ーティションに分割され、ファイルシステムやスワップ領域として利用される。

 

パーティションを作成する → fdisk

ファイルシステムを作成する → mkfs

 

 

デバイスファイル

lDE デバイスファイル /dev/hda、/dev/hdb

SCSl デバイスファイル /dev/sda、/dev/sdb

 

IDE → 安価、CPUがデバイスを制御するため負荷がかかる

SATA → データ転送がIDEより高速化

SCSl → 高価、専用コントローラがデバイスを制御するため、CPU負荷が低い

 

 

基本パーティションを表すデバイスファイルは、次のように表す。

  • lDE:/dev/hda1~/dev/hda4
  • SCSI:/dev/sda1~/dev/sda4

 

論理パーティションを表すデバイスファイル

IDE接続: /dev/hda5~

  • SCSI接続: /dev/sda5~

 

1つのハードディスクで作成できる基本パーティションは、4つのみ。

ただし、 基本パーティションのうち1つを拡張パーティションにすると、その基本パーティションを複数の論理パーティションに分割することができる。

 

 

CentOS7 DVD 作成手順からインストール手順まで【ノートPC】

サッスー
管理人サッスー

Linuxの勉強は仮想環境にインストールしてもできるが、ノートパソコンにもCentOS7インストールして、そこに仮想環境を構築したいと思ったのでやってみた。

 

まず何からやればいいのか整理した。

 

1.CentOS7のISOファイルをダウンロードする(無料)

2.フリー(無料)のDVD ライティングソフトをインストールする

3.ISOファイルをDVDに書き込む(ライティングする)

4.作成したDVDをノートPCに入れて CentOS7 をインストールする

 

この流れだね。

 

続きを読む CentOS7 DVD 作成手順からインストール手順まで【ノートPC】

【Linux】configureコマンドの勉強

configureとは、Makefileを生成するコマンドである。

インターネットから、Linuxソフトウェアのソースファイルをダウンロードすると大体configureもついている。
→中身はスクリプトファイル。

 

 

※configureは何をしているのか?
インストールする前に、システム固有の情報をチェックし、その結果を反映したMakefileを作成する

 

以下の流れ
1.ソースファイルを入手する
2.configureでMakefileを作成する
3.makeコマンドを実行する
→rpmパッケージを作成したい場合は、
make rpm でrpmパッケージの作成と、make km-rpmでカーネルモジュールのパッケージを作成する。

 

 

configureでエラーになる場合
コンパイルするために足りない情報があるため
→そもそもc言語でコンパイルしようとしている。

 

コンパイルために必要な情報
・ヘッダーファイル
・ライブラリ

 

ヘッダーファイルをインクルードしようとしたけどなかったり、ライブラリを結合しようとしてもパスにない場合にconfigureでエラーになる。

 

 

【Linux】 heartbeatの勉強【クラスタリング】

heartbeatとは、クラスタリングソフトである。

クラスタとは、複数のコンピュータをまとめること。
複数のコンピュータをまとめることで、1台のコンピュータがダウンしても残りのコンピュータでサービスを継続できる。

 

何事もほどほどにやる。費用対効果を考えつつ設計をする。
「健康のために死ねるか」という言葉がある。
サービスを一瞬でも落としたらいけないと考えると、最終的には「健康のために死ねるか」という問題に行き着く。
たとえば、どうでもいいような経理の業務なのに、数千万円も掛けて立派なシステムを構築するとか。
(この場合、経営者的には、データがなくなっても経理の人たちにガンガンサービス残業してもらってリカバリしてもらえばいいよねが正解だと思う)
などなど、こんな感じで落としどころが重要になるのだ。

 

Linuxにおけるクラスタリングソフトまとめ【2017年】

CLUSTERPRO for Linux   NEC
http://jpn.nec.com/clusterpro/index.html

ClusterPerfect         東芝
http://www.toshiba.co.jp/cl/pro/cluster/

HP Serviceguard for Linux   HP
http://h50146.www5.hpe.com/products/servers/proliant/svglinux/index.html

LifeKeeper   サイオステクノロジー
http://sios.jp/products/lkdk/

無償(OSS)
Heartbeat

HeartbeatとPacemakerの違い

Heartbeat → 元々のクラスタリングソフトの名前
Pacemaker → Heartbeatの後継ソフトの名前(実際はHeartbeatとPacemakerを組み合わせて使用する)

※基本的には名前が変わっただけで、同じクラスタリングソフトウェア。

細かい違いまで調べてみると

Heartbeat→クラスタ制御機能→相手が生きているか死んでいるかをメッセージのやり取りで見ている
         
Pacemaker→リソース制御機能→どのサーバが仮想IPを持っているのか、
               ApacheとかMySQLとかのサービスの起動とか終了をして
               リソースを守っている

HeartbeatとPacemakerを組み合わせることでクラスタリングを実現できる。

各種設定ファイル

・/etc/ha.d/ha.cf
Heartbeatの設定は、/etc/ha.d/ha.cfでやる。

・/etc/ha.d/haresources
何のサービスを監視するのかを設定する。
ApacheとかMySQLとかPostgreSQLなどのサービスを指定する。

・/etc/ha.d/authkeys
ハートビート用のネットワークでどうやって通信するか、
通信用のパスワードを設定する。
通信相手と同じパスワードを設定する。

IPMI(Intelligent Platform Management Interface)とは【番外編】

特定のハードウェアやOSに依存せずにハードウェアをモニターできるようにするインタフェースの仕様。
このインタフェースを通じてサーバのハードウェアの状態を監視できる。
たとえば、HPならiLO、DellならiDrac、IBMならIMMとあるが、これらはIPMIを利用してハードウェアを監視している。

STONITHとは

STONITHとは、スプリットブレインが発生した場合、相手のサーバをシャットダウンする機能である。

 

 

 

【初心者向け】Linuxを始める人への足がかり

サッスー
管理人サッスー
初めて Linux を触る初心者にとって分かりやすく解説したい。 
Linuxは可能性の塊りなので、ぜひ遊んでほしいと思う。
 
ws000057 
 

Raspberry Pi Mouse V2 フルキット

 
 
 

続きを読む 【初心者向け】Linuxを始める人への足がかり

【Linux】 HDDの使い方

LinuxとWindosのHDDへのデータの書き込みを確認するとLinuxの方がバラけている印象がある。
 
 
WS000682

 

①Windowsはディスクの端から詰めて書き込みをするから、データを書いたり消したりを繰り返すと断片化してしまう。

②Linuxは最初からデータをバラバラに書き込む。

ws000091

 

なぜWindowsとLinuxで違いがあるかと言うと、単なる設計思想の違い。

どっちが正しいとか、間違っているというのはない。

 

たとえば、Windowsに関して言えば、HDDの外周部ほど読み書きが速くなるので、端から詰めて書くことで速い部分に集中してデータを置くことができる。

その結果、同じ使用量、同じ断片化率の場合はWindowsのが速くなる。

 

しかし、デメリットとして断片化しやすく、また細かいデータが大量にHDDに書き込まれれば書き込まれるほど遅くなる。(メリットがなくなる)

 

Linuxは最初からバラバラにデータを書くことで使用量・使用状況に関わらず一貫して平均的な速度で、またある程度の空き容量があれば断片化もしにくくなる。

SSDの場合は断片化が発生しないような設計思想で作られているLinuxの方がメリットが多そうな気がする。

断片化してデフラグが発生すると、その分ディスクアクセスやデータの移動が発生するので、HDDではなくSSDを使っている場合は、Windowsの方が寿命が短そう。

 

 

Linux板ニュース速報【Bash on Ubuntu on Windowsでrm -rf /するとどうなるか】

830: login:Penguin 2016/08/26(金) 15:50:15.83 ID:/o90OrfD

 

 

> Bash on Ubuntu on Windowsでrm -rf /するとどうなるか試してみました。

umount /mntしてからやってたらどうなったんだろう。
俺はやらないけどw

linux_02

 

 

引用元: http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/linux/1410843692/ 

 

続きを読む Linux板ニュース速報【Bash on Ubuntu on Windowsでrm -rf /するとどうなるか】

【Linux】CentOS 【RHEL Clone】Part.3

 

69: login:Penguin 2016/10/27(木) 21:36:04.78 ID:nA2pYGRH

前回カーネルアプデしたら勝手に起動オプション書き換えられたんだけどそういうもの?
【2chまとめ】人生成功を加速させるニュースまとめ 管理人サッスーの補足
管理人サッスーの補足

ここで言っている起動オプションは、カーネルパラメータのことかな?
ネットでいろいろ調べると、呼び方も統一していない。「カーネルパラメータ」、「起動オプション」、 「引数」とか。
カーネルアップデートで「起動オプション」が書き換わったということなので、カーネルパラメータが書き換わったということを言っている可能性が高い?
RedHatより引用:https://access.redhat.com/

続きを読む 【Linux】CentOS 【RHEL Clone】Part.3