DRBDのインストールと設定手順

DRBD(Distributed Replicated Block Device)とは、複数台のコンピュータの間でハードディスクをリアルタイムで同期させるミドルウェア(ソフトウェア)である。

ハードディスクを同期させることにより可用性(ハイ・アベイラビリティ)が実現できる。

 

images

 

たとえば、以下の図のようにWordPressがインストールされたサーバーが2台あるとする。

WordPressでホームページを運用している。

(WordPressを動かすために、ApacheとかMySQLもインストールされている)

1台は通常稼働している。メインのサーバー(wordpress-01)である。

クライアントはメインのサーバー(wordpress-01)にアクセスしている。

 

もし wordpress-01 に障害が発生してしまったらどうなるか??

1台しかサーバーがなければ、誰もホームページにアクセスできない。

 

fd5f65dd7862851697f935d5e2c5715f_s

 

しかし、以下のように2台構成でホームページを運用していたら、メインの wordpress-01 がダウンしても wordpress-02 がメインになりクライアントはホームページにアクセスができる。

 

ws000061

ws000062

 

 

 

こんな感じで非常に便利なミドルウェアなのである。

これよりDRBDのインストール&設定を見ていく。

 

続きを読む “DRBDのインストールと設定手順”