掲示板「2ちゃんねる」の高齢化は本当か?

1 :
2017/03/08(水) 18:18:28.57 ID:CAP_USER9
 
ネット掲示板「2ちゃんねる」は1999年に開設され、“ハッキングから今晩のおかずまで”をモットーに絶大な存在感を誇った。
 
yaruo_013  
 
若いネット住民が情報交換したり、時には事件を起こす犯人が犯行を予告したりして社会問題になったこともある。
   
ところが最近は、「若いヤツは見ない」「年寄りばっかり」という書き込みが相次いでいる。
   
世間と同じように、2ちゃんねるも“高齢化”しているらしい。本当か。
   
   
yaruo_017

「ユーザーの年齢層を裏付ける公式データはありませんが、若者向けのネタを扱うスレッドが激減していることから高齢化は間違いないでしょう」と言うのは、ITジャーナリストの井上トシユキ氏だ。
   
yaruo_016   

「10代、20代はネットに触れるようになったときから、実名でやりとりするSNSが主流。

仲間内でゆるやかにつながるのを良しとします。
匿名でひとつの話題を深掘りする秘密結社的な2ちゃんねるに、魅力を感じないのも当然です」
   

 

   
2ちゃん以外でも、高齢化が進む。例えば「ニコニコ動画」は、運営会社の決算書によると、2010年は、10〜20代が66.7%を占め、40〜50代は10.2%でしかなかったが、16年は10〜20代が52.5%に減り、40〜50代が19.8%に増えている。
   
   
yaruo_005

「自殺実況中継などが問題となり、有料登録は親の承諾が必要になるケースが増えています。未成年者にとっては、利用のハードルが上がっていることも高齢化の一因。
若者がどこに向かったかというと、ユーチューブです。ヒカキンら人気ユーチューバ—は憧れの存在で、ニコ動のレトロゲームで盛り上がっているのは30〜40代がほとんどです」(井上氏)

 

そうはいっても、プライバシーが筒抜けで、仲間外しなども起こりうるSNSに息苦しさを感じている人は少なくない。
   

「匿名で好き放題言える2ちゃんねるが見直されつつあるのも事実」(井上氏)という。ネットも、現実社会と同じようにホンネとタテマエの使い分けが求められる時代になったのか。
   

 

 

続きを読む “掲示板「2ちゃんねる」の高齢化は本当か?”

【無職 島秀次 (62) 容疑者】たばこの火放置し火災、上階の住人死亡させた疑い 男逮捕 久留米市

1 :のっぺらー 2017/03/08(水) 19:42:25.93 ID:CAP_USER9
たばこの火の不始末で火災を起こし、上の階の住人女性を死亡させたとして、福岡県警は8日、 福岡県久留米市野中町の無職島秀次容疑者(62)を重過失失火と重過失致死の疑いで逮捕し、発表した。
 
WS000780
   
「間違いありません」と容疑を認めているという。
   

久留米署によると、島容疑者は昨年11月19日午後11時過ぎ、2階建てアパートの1階自宅で喫煙し、たばこの火を消さないまま灰皿に放置して就寝。    
   

翌20日午前0時ごろ、たばこの火がこたつ布団に燃え移り、自室の約52平方メートルを全焼させ、2階に住んでいた看護師の城田雅美さん(当時34)を一酸化炭素中毒で死亡させた疑いがある。
   

署は取材に対し、
「あくまで故意にたばこを放置したわけではないが、
人が亡くなったという結果は重大で、重過失があったとみて逮捕に踏み切った」と説明している。
   

   

以下ソース:朝日新聞 2017年3月8日17時42分
http://www.asahi.com/articles/ASK385GBGK38TIPE020.html

 

 

続きを読む “【無職 島秀次 (62) 容疑者】たばこの火放置し火災、上階の住人死亡させた疑い 男逮捕 久留米市”

【クルマ】ランボルギーニ、量産車で最速タイム記録の最新「ウラカン」発表 価格は3130万円から

1 :
2017/03/08(水) 19:59:12.35 ID:CAP_USER
 
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-03-08/OMGDY66VDKHT01

イタリアのランボルギーニは6日、「ウラカン」シリーズの最新モデル「ウラカン・ペルフォルマンテ」の概要を、ジュネーブ自動車ショーでの正式発表に先立ち発表した。
      

      
ペルフォルマンテは640馬力で、ピレリの「Pゼロ・コルサ」タイヤを装備。

      

サスペンションは再設計され、トラクションコントロールの性能が向上した。

      

      

自然吸気式のV10エンジンと、安定性が高く反応が極めて速い7速のデュアルクラッチ・トランスミッション(DCT)を採用した。

炭素繊維を配合した素材を使用することで車両重量は1382キロと、ベースモデルより40キロ近く軽量化した。

      
      

技術面では、車体の随所にある吸気口の開閉を電気制御することで抵抗を少なくし、車体を地面に押さえつけようとする空気の力 (ダウンフォース)を強くする、ALAと呼ばれる新システムを採用した。

      

こうした改良は十分な成果を生んでいるようだ。

先週には、ドイツのニュルブルクリンクのコースでペルフォルマンテが量産車で最速のラップタイムを記録したと報じられており、ランボルギーニは6日、これを確認した。
      

  

ランボルギーニによると、ペルフォルマンテは静止状態から2.9秒未満で時速60マイル(97キロメートル)に達する。

      

この夏発売予定で、米国での販売価格は27万4390ドル(約3130万円)から。

      
WS000781

https://assets.bwbx.io/images/users/iqjWHBFdfxIU/iTStv55dchC0/v0/750x-1.jpg
https://assets.bwbx.io/images/users/iqjWHBFdfxIU/iBgGcLVnIPz8/v0/-1x-1.jpg
ランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」

 

続きを読む “【クルマ】ランボルギーニ、量産車で最速タイム記録の最新「ウラカン」発表 価格は3130万円から”

【社会】WBC「幻のホームラン」 少年を巡るネット社会の恐怖

1 :記憶たどり。 ★:2017/03/08(水) 18:16:37.86 ID:CAP_USER9
http://biz-journal.jp/gj/2017/03/post_2784.html

侍ジャパンにとってWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の開幕戦となった7日のキューバ戦(東京D)は、日本が大量点を奪う猛攻で見事勝利した。

      

事前の強化試合で負け越し、状態が不安視されていた侍ジャパンだが、重要な初戦を制したことでグループリーグ突破に大きく前進した。

      

しかし、快勝劇の裏に決して無視できない”事象”があった。

      

4回の裏、先頭の鈴木が倒れた後、松田がヒットで出塁。
小林が送りバントを決めると、続く山田がホームラン性の大飛球を放った。

      
      

ボールが一度スタンドに入ったため、日本の勝ち越しとなり東京ドームは大歓声に包まれた。

 
WS000782
 
だがリプレイ検証の結果、観客の一人がスタンドイン直前に捕球したためホームランとは認められず、2塁打でゲーム再開となったのだ。

      

無論、重要なゲームを傷つけてしまった以上、この観客は大いに反省すべきだろう。
まだ幼い少年のようだったが、だからといって観客としてのマナーを守らなくても良い理由にはならない。
選手は人生を懸けて戦っている。

      
      

その意味を考えて、二度と同じことをしてほしくない。
だが、それ以上に「恐怖」を感じざるを得なかったのは、Twitter等のSNS上でその少年のリアルタイムの画像や動画がアップされていたことだ。

      

一体どういうつもりだったのか定かではないが、例え悪気がなかろうと、例え本人の同意があろうとも、これは明らかに「やり過ぎ」と述べざるを得ない。

      
      

幸い、日本が勝利したからこそ事なきを得つつあるものの、場合によっては大きな問題に発展する可能性もあっただけに、”ミス”を犯してしまった少年のプライバシーは断固として秘匿されるべきだった。

      

インターネット、そしてSNSが爆発的に反映し、今や誰でも手軽に目の前の事象や日常を世界中の多くの人々と共有できるようになった。

      

しかしだからこそ、その「影響力」を今一度深く考慮すべきだ。今回の件に限らず、自身が起こした行動が結果的にどのような影響を与え、どのような結果をもたらすのか——。

      
      

ネット社会になって久しく、一般人が大きな”武器”を持つ時代になったからこそ、その自覚は重大な意味を持つ。
思慮の浅い”暴走”が前時代よりも遥かに大きな”被害”を生むようになったことは、今さら議論されるべきものでもないだろう。

      

      

ホームランボールを獲ってしまった少年はその打球の結果がどうあれ、ゲームの行方がどうあれ、強く反省を促す社会でなければならない。

      

だが、それと同時に、ただミスを犯してしまっただけの少年をしっかりと「守る」社会でなければならないはずだ。
(文=浅井宗次郎)

 

 

続きを読む “【社会】WBC「幻のホームラン」 少年を巡るネット社会の恐怖”

【私刑】<三浦瑠麗>石原慎太郎の真っ当会見!マスコミが求めたのは、真実追求ではなくて「腹切り」報道ではなくて魔女狩り

1 :
2017/03/06(月) 18:48:04.93 ID:CAP_USER9
 
石原元知事が都の百条委員会出席を前に会見しました。最も感じたのは質問者の「世間の空気」をカサに着た失礼で高飛車な態度でした。
 
WS000722

 

石原氏の主張は、豊洲移転について権威ある専門家は問題なしと言っている。
使う見込みのない地下水汚染の問題で大騒ぎして、安全と安心は違うと言って感情論をあおるのは無責任である。
積み上がる移転費用についてどのように落とし前つけるのか、政治家には、決断した際の責任と、決断できなかったことの責任があると。
御年84歳、衰えたりと言えども頭脳明晰(せき)で、至極真っ当だったと感じました。
 
 
 
マスコミが石原氏に押し付けたかった責任は、「世間を騒がせた」責任だったのではないでしょうか。
 
この国に時折流れる、あの冷たい空気です。
 
人並み以上に美学を重視してきた石原氏。
「最終決断は私が行った、責任は全て私にある」と言って頭を下げるのが「模範解答」なのはわかっていたでしょう。でも、マスコミが作り出した善悪二元論の猿芝居に付き合うのは、一生反抗期で過ごした美学が許さなかったのでしょう。
 
 
マスコミが求めていたのは、真実追求ではなくて石原氏の「腹切り」でした。
それは、報道ではなくて魔女狩りです。
焦点に上がった瑕疵(かし)担保責任の免除の経緯について、確かに石原氏は知っていた方が格好はつく。
しかし、兆円単位の予算を預かる知事として知らないというのはあり得ないことではない。
 
格好悪いことと、不正とは同じではありませんし、現在出そろっている証拠でもって石原氏個人に賠償責任を負わせることは暴論でしかない。
 
 
部下には、明確な目的(豊洲の土地購入)を与え、そのための手段(瑕疵担保責任の免除)について細かく介入しないというスタイルはあり得ます。
大組織で仕事をしたことがある人であれば、想像がつくのではないでしょうか。
その判断は、老朽化した築地の現状が、防災上も衛生上も望ましくないという認識に基づいています。
 
 
不作為の決断を投げ返された小池知事、嗅覚の鋭い人ですから、政治的な潮目の変化を嗅ぎ取っているのではないでしょうか。
(国際政治学者)
 
 
スポーツ報知 3/5(日) 14:13配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170305-00000138-sph-soci

 

 

続きを読む “【私刑】<三浦瑠麗>石原慎太郎の真っ当会見!マスコミが求めたのは、真実追求ではなくて「腹切り」報道ではなくて魔女狩り”

【死んだらお世話になる】 光岡自動車 渡部執行役員「霊柩車市場でトップシェアを目指す」

1 :
2017/03/05(日) 18:52:47.07 ID:CAP_USER
 
 
WS000720

光岡自動車の渡部稔執行役員は2月23日に都内で開いた新車発表会で、2016年の霊柩車の受注台数が100台を超えたことを明らかにした上で、霊柩車市場でトップシェアを目指す方針を示した。

 
渡部執行役員は「かねてから霊柩車市場に参入してきたが、2016年の受注実績で100台を超えるに至った。
業界シェアでいうとほぼ20%を超えるところまで成長している。なんとか霊柩車の製造販売において国内トップのシェアを獲得できるように進めていきたい」と語った。
 
 

光岡ではオリジナルモデルである『ガリュー』や『リューギ』をベースにした霊柩車や、トヨタ自動車『ヴェルファイア』をベースに全長を1400mm延長したファミリータイプの洋型霊柩車『ヴェルファイアグランドリムジン』などをラインアップしているほか、市販車を霊柩車向けに架装を行ったり、病院から遺体を運ぶための搬送車なども手掛けている。

 
 
渡部執行役員は「最近は宮型の霊柩車がほとんどなくなり、洋型のちょっとクラシカルで品のあるという流れになってきている。一方で葬儀業者も個性のあるおくり方をしたいというニーズがあり、我々の商品はまだまだ受注も取れる」と話す。
 
さらに「霊柩車を手がけている会社の中で、実際に自動車を生産して販売しているメーカーは光岡以外にはなく、メーカーというカテゴリーの中で霊柩車もやっているというのが光岡の強みになる」とも語り、トップシェア獲得に意欲を示した。
 
渡部執行役員によると、霊柩車市場での光岡の順位は現在2位で、「あと10ポイントほどシェアを伸ばせばトップにたてる」という。

続きを読む “【死んだらお世話になる】 光岡自動車 渡部執行役員「霊柩車市場でトップシェアを目指す」”

【高橋まつり過労死事件】「過労死?全然気にならない」 電通、就活生の間で依然高い人気に

1 :
海江田三郎 ★
2017/03/06(月) 17:58:38.40 ID:CAP_USER
 
http://www.sankei.com/premium/news/170304/prm1703040024-n1.html

平成30年卒の大学生らの就職活動が3月1日、始まった。

政府を挙げて働き方改革が進み学生優位の売り手市場が続く中、学生の意識は「働きやすさ」を求める方向へと大きくシフトしているとされる。
 
WS000717
そんな中、新入社員だった高橋まつりさんの過労死事件が大きく報じられた電通を志望する学生は何を望むのか。
各地の合同企業説明会を訪れた学生に聞いてみた。
 
 
「社内の雰囲気知りたい」と電通のブースに
 
「過労死? 特に気にならないですね」
そう語ったのは、広告業界が第一志望という都内の私立大3年の男子学生(21)だ。
学生は合同説明会の一角にあった電通のブースを訪問し、改めて「広告業界への興味が高まった」と話す。
 
 
学生によると、電通側は冒頭、違法な長時間労働で幹部社員が書類送検された件に触れ、社内で改革を進めている最中だと説明したという。
「(ブースに)来てくれてありがとうございます、というようなことも言っていたが、話の内容は仕事の紹介がメーンで、質問も自由にできた」
 
これらの説明に「自分のやりたいことと広告業界の仕事内容は合っていると感じた」と語った学生。
電通以外にも、広告業界数社の説明会に行く予定だと話した。

 

 

続きを読む “【高橋まつり過労死事件】「過労死?全然気にならない」 電通、就活生の間で依然高い人気に”

東京地区の410円タクシー導入効果…運送回数6%増、収入2%増

1 :
海江田三郎 ★
2017/03/06(月) 10:53:47.37 ID:CAP_USER

 

http://response.jp/article/2017/03/06/291631.html

国土交通省は、東京地区の410円タクシーの導入によって運送回数が6%増、運送収入が2%増加したとの効果を発表した。

 
WS000716

東京地区の新しいタクシー運賃導入後、14日間の1日1車あたりの運送実績について、タクシー会社19者・1193両を対象にサンプル調査した。

 
この結果、730円以下の利用回数が前年同期比17.3%増の8.8回、特に、410円以下の利用回数が同28.6%増の1.8回となった。
また、運送回数全体が同6.3%増の28.8回、運送収入全体が同2.3%増の4万7943円となった。
 
国土交通省では、新しい運賃により、訪日外国人や高齢者を始めとする利用者が短距離でもタクシーが使いやすくなるとともに、タクシー需要の喚起につながることを期待しているとしている。

 

 

続きを読む “東京地区の410円タクシー導入効果…運送回数6%増、収入2%増”

【恐怖政治】英取材チーム、中国で襲われ、警察には「違法な取材」を試みたと「自白」の強制をされる

1 :(^ェ^) ★:2017/03/05(日) 07:39:13.86 ID:CAP_USER9
英BBCは3日、取材チームが中国で集団に襲われ、その後、「違法な取材」を試みたと自白する警察の供述書に強制的に署名させられたと報じた。
 
 
WS000706
BBCの記者らは先月26日、中国南部・湖南(Hunan)省で土地をめぐる争いの最中に父親が殺されたと訴える女性への接触を試みたところ、男たちの集団が立ちはだかったという。
 

BBCのウェブサイトに掲載された記者のジョン・サドワース(John Sudworth)氏の記事によれば、「(接触を試みていた女性の)村に着くとすぐに、男たちが私たちを待ち受けていることが分かった」「女性の自宅までの道を大勢がふさいでいたかと思うと、数分もしないうちに私たちは襲われ、カメラもすべて壊された」という。

 

同じウェブサイトに掲載された映像には、取材チームと男たちがもみ合いになり、少なくとも取材チームの1人が手に軽い切り傷を負った様子が捉えられている。

 
その後、取材チームは「さらなる暴力の脅威のもと」警察と地元当局に映像を消去し、「悪影響を及ぼした行動」を謝罪する供述書に署名することを強制されたと記事は述べている。
 
 
襲撃の狙いは、今週末、国会に当たる全国人民代表大会(全人代)の開幕前に女性の話が報道されるのを阻止することだったとみられている。
 
首都北京(Beijing)には全国から地元当局の不正を中央当局に訴えるなどのために陳情者らが集まるが、女性もそうした陳情のために北京に行くことを計画していた。

中国外国記者協会(FCCC)はこの出来事を非難する声明を3日、発表した。

 
【翻訳編集】
AFPBB News

 

 

続きを読む “【恐怖政治】英取材チーム、中国で襲われ、警察には「違法な取材」を試みたと「自白」の強制をされる”

【嫁の写真あり】チン切り夫の控訴棄却 元凶浮気妻への変わらぬ愛を語るが

1: 2017/02/19(日) 01:05:04.35 _USER9

一昨年の8月、東京・虎ノ門の法律事務所で男性弁護士Aさん(42=当時)の性器を枝切りバサミで切断し、 トイレに流した傷害と銃刀法違反の罪に問われた元プロボクサーで慶応大法科大学院生だった小番一騎被告(26)の控訴審判決で14日、 東京高裁(植村稔裁判長)は懲役4年6月の実刑とした原審判決を支持し、控訴を棄却した。

 

WS000220

 

 

小番被告は2日の高裁初公判にも判決公判にも姿を見せなかった。

一審ではAさんに対する謝罪の気持ちを口にした被告が控訴した理由を弁護人は
「本人は原審判決に不服というほどでもないが刑が重すぎると考えて控訴した。
マスコミに追い回されるので出廷は控えた」と説明する。

 

実際には妻もノリノリのダブル不倫だったが、そんな妻の作り話をうのみにした小番被告は、
妻がAさんから強姦されたと信じて疑わず、Aさんに陰茎切断の“私刑”を下した。

 

裁判で妻の裏切りを知った後も「お互い愛しているので今後も一緒に生活したい。
妻は自分の命よりも大切」と“元凶の妻”への変わらぬ愛情を口にした。

 

だが知人によると、小番被告は現在、実家暮らしで妻とは別居中だという。

 

一審で読み上げられた妻の調書からは「夫への愛情は変わらないが、これだけ話題になってしまったので名字だけは変えたい。 人生をリセットして海外の美術系専門学校に留学したい」などと小番被告との結婚生活に全く未練がないことがうかがえた。

 

司法関係者は「実刑判決が確定すれば何年も別居することになるのに、保釈後も直接的なサポートがないのなら、実質的な夫婦関係は破綻しているのだろう。

法科大学院も退学処分になり、実刑確定後は10年間は弁護士登録ができない。
弁護士資格取得目前だったのに将来の道も閉ざされた」と言う。

被害者の局部を奪う蛮行を犯した小番容疑者だが、自らが失ったものも大きい。

 

http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/652406/
2017年02月16日 11時05分

 

 

 

続きを読む “【嫁の写真あり】チン切り夫の控訴棄却 元凶浮気妻への変わらぬ愛を語るが”