【ヤバい!】インフルエンザまとめ【2017年】

2017年の今年も【インフルエンザ】は強い。

 

何を基準にしているのか不明であるが、今年のインフルエンザの感染力は史上最強だそうだ(笑)

 

サッスーの勤務先もインフルエンザにかかって強制的に5日間自宅待機&インフル完治の医師の診断書がなければ出社できないという対応をしている。

 

ただ、インフルエンザにかかって5日間自宅待機の人を見ると「うらやましい」と感じてしまう(笑)

 

しかし昔サッスーがインフルエンザに罹った時は、ガチで「死」を覚悟した。

(もちろん大げさなリアクションではあるが)

 

体温計で体温を測って40℃近くまでいくと、精神的にやられてしまう。

「病は気から」ということわざがあるが、体よりも精神的に萎えてしまって動けなくなるのだ。

 

今までインフルエンザに罹った時は以下のような症状になった。

 

・熱が40℃近くまで上がる

・関節痛

・咳が止まらない

・眠れない、もしくは眠れても変な夢を見る

・寒い、悪寒がする

・意識が遠くなる

・死の恐怖におびえる(大げさなのは性格上しょうがない)

・喉がからから

・頭が割れそうなほど痛い

・死んだ方がましだと思ってしまう

 

 

 

でもインフルエンザが流行っているこの期に及んでも、電車に乗って「ゴホゴホ」咳(せき)をするのは反則だ。

自宅から出ないでほしい。

 

予防接種した方がいいの?効果はあるの?

ネットを調べるといろんな意見あり。

 

・インフルエンザの予防接種には効果がある。

 →抗体が作られるから意味ある(症状が軽くなる)

  インフルエンザに罹った時の軽減効果がある。

  →だからと言ってインフルエンザにうつりにくくなるわけではない

 

・予防接種すると他の型に対して無防備になるからやめたほうがいい
 世の中に風邪ウイルスが多数ある
 予防接種して抗体がつくのはその接種したウイルスだけ

 →ただし、そもそも予防接種自体がいろんな型に対応してる

  →しかしA型予防接種受けてB型なる人がいる

・A型だからと言って全て同じウィルスでは無い

・予防接種は自治体によっては補助が出る(1,000円くらい)

 補助がないと3,000円くらい取られる。

 

・予防接種すれば、インフルに罹らなくなるわけではない

 

・マスクをしてもインフルエンザを防げない

 →そもそもマスク自体隙間だらけでウィルスに侵入は防げない

  あれは咳をした時に唾(つば)が拡散するのを防いでいるだけ

 

・インフルエンザには麻黄湯という漢方が効果があるらしい!?

 

・インフルエンザと風邪は異なるウィルス

 風邪がひどくなる→インフルになるのではない

 

・インフルエンザになり、体温が一気に40℃を超えてくると、肺炎や気管支炎や脳炎になる危険性がある

 

・タミフルはインフルエンザに有効である

 →サッスー的には、約10年前の2007年にタミフルを飲んだ中学生がマンションから転落死したり、高校生が道路に飛び出して車に引かれて死んだりしたことが強く記憶に残っている

※ただタミフルと異常行動には因果関係は認められないらしい

 →タミフルの開発にとんでもないお金と時間が掛かっているから、因果関係を認めてしまうと会社が潰れてしまう

  →因果関係を認められない

   →結局マスコミの報道ではタミフルを飲んだ人もタミフルを飲まなかった人も、同じように異常行動をするらしい

    だから判断が難しい

 

・イナビルなら3時間後には平熱になる

 →イナビルとは商品名

  A型・B型のインフルエンザに効果がある

  
・インフルエンザは空気感染だから市販のマスクでは効果なし

 

・市販の薬は効果ないから病院へ行って「タミフル」か「リレンザ」を処方してもらうのが最強

 

・栄養のいいものを食べて寝るのが最強

 →サッスーも子供の頃は風邪をひいたと思ったら、栄養ドリンクとアツアツの鍋をたくさん食べて寝て治してた記憶がある

  →インフルエンザに対する効果は不明だが、風邪なら栄養取って暖かくして寝るのが一番

 

・38度でも出勤して仕事したら次の日40度になった

 

・風邪の原因は細菌。インフルエンザの原因はウイルス。

 →だから栄養ドリンクよりも抗生物質が効果的

  →逆。ウイルスに抗生物質は効かない

・外に出ないで引きこもるのが最強

 

・ラピアクタの点滴で治る

・会社休めるから羨ましい

 

・タミフル飲んだら1時間くらいで熱が42℃から37℃まで下がった

 

結論

病院に行くのが一番だね。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。