【中古パソコン】仮想環境を構築するための中古のノートPCを調べてみた!

サッスーが自宅でLinuxでの仮想環境を構築したいのでホストとなる中古の格安ノートPCを探してみた。

 

サッスー
管理人サッスー

 

 

要件

パソコン:中古のノートパソコン
OS:不要

CPU:なんでもいい

メモリ:2GBくらいでOK

ディスク:200GBで充分

 

 

サッスーは何をしたいのか?

ノートパソコンを仮想環境のホストにしたい。

・Linux CentOS7 をインストール

・oVirtをインストール→後程、無償の VMware ESXi をインストールしたい。

 

場所を取りたくないのでノートパソコンにした。

どうせ teraterm でリモートログインするので動けば何でもいいレベル。

 

 

このPCはどうか?

 


 

[中古][ワケあり]Panasonic ノートブックパソコン Let’s note F8 CF-F8HXKCDP (ACアダプタ付)[塗装剥げ・スピーカー不良等] /Core2 Duo P9600 2.53GHz/4GB/500GB/DVDマルチ/14.1/WIN7Proコア/

価格:6,999円 (税込価格:7,559円)

 

【商品説明】
★通電時に電源ボタンが点灯しません。キーボードに黄ばみ、本体縁に塗装剥げ、
 PCカードスロットにヒビがあります。スピーカーから音が出ないワケあり品です。

★この商品はOS、ソフト、ドライバなどはインストールされていません。
 またドライバなどについてのご質問、サポートはできません。
 ご注意下さい。

【仕様】
■CPU:Core2 Duo P9600 2.53GHz
■メモリー:4096MB
■ストレージ:500GB
■光学ドライブ:DVDマルチ
■モニター:14.1インチTFT WXGA+
■OS:インストールされていません
■コアシール:WIN7 Pro
■サイズ(W x D x H mm):約326 x 251 x 48.5
■重量(kg):約1.66
■付属品:ACアダプター

※詳しくはメーカーページ等でご確認ください
 上記の内容と相違する場合、メーカーページ等に準じます。
 (カスタマイズモデル・BTOモデル等では内容が相違している場合があります)

【状態】
※中古品につき、本体にキズ、汚れ、テカリ等があります。
 また、カードスロット等のダミーカードやネジなどの付属品が
 欠損している場合があります。
 特に記載無き場合は、スタンド、ACケーブル、モニターケーブル等は付属していません。

※画像はイメージです。

 


 

である。

 

まずはメーカーは Panasonic である。

サッスーは Panasonic は好きだね。

理由は頑丈だから。

格安で新品のノートPCと、Panasonic の中古なら、Panasonic の方が長持ちしそうなイメージだ。

CPUは Core2 Duo P9600 2.53GHz か。

まあ、Linuxを乗っけてGUIは使わずに、コマンドラインからでも使用だけなら、いいんじゃないの。

もちろん、CPUのスペックなんてあればあるほどいいに決まっているんだけど、これは7,000円程度だよ。

 

値段を考えれば十分すぎるだろう。

で、メモリ4GB!?

ディスクが250GBか。

しかもDVDドライブもついている。

 

ちなみに注意!

OSはついてないよ!

 

でもサッスーの場合は Linux をインストールするから問題なし。

どこまで Linux のドライバが入るのか興味がある。

もちろん、どうしてもというドライバが入らない可能性もあるからね。

たとえば、無線LANのドライバが入らないので Wifi が使えないとか、いろいろなリスクが考えられるから、「まあしょうがないよね」と言える人なら Linux を入れてみてもいいと思う。

 

入れるんなら Ubuntu か CentOSだね。

Ubuntuは日本語環境が充実しているから、ひょっとしたらサーバーとしてでなく Linux OSとXwindows環境を整えて、クライアントPCとして使用できるかもしれない。

 

※でもせっかくLinuxを入れるんならサーバーとして使ってほしいと思う。

GUI環境を入れると突然重くなるんだよね。Linuxって。

 

 

KVMとは何か?

KVMとは無償でLinux上で稼働する仮想環境基盤のソフトウェアである。

 

以前サッスーは仮想化環境について説明した。

 

VMwareについて勉強した(ハイパーバイザーとか仮想化の構造など)
http://seiko.go-journey.net/archives/8288.html

 

そこでは仮想環境には以下のように2つのタイプがあると説明した。

 

※クリックすると拡大する。

ws000029

 KVM は Linux にインストールする形だ。

だから上の図だとホスト型ハイパーバイザに分類されるかもしれない。

しかし KVM は Linux をハイパーバイザにするので、ネイティブ型に分類されるという人がいる。

ちなみに、サッスー的にはどっちでもいいと思っているので、ぜんぜんこだわりはない。

 

格安の中古ノートパソコンを仮想環境のホストにして KVM をインストールして仮想環境を構築したい。

 

業務でも仮想環境はバリバリ使っている。

管理は、各仮想環境が API を提供しているので、プログラムを組んで自動管理をする。

サッスー的には API を利用する言語としては Python と Java が多いように思える。

だから今は Python を勉強している。というか Python でプログラムを組むように言われている。

 

ただ、のんびりとやっていいという話なので、デスマーチはない(笑)

じっくりと Google で検索しつつ、たまに Yahoo! ニュースを読みつつプログラムを組んでいる。

 

 

近々なんでもいいのでノートパソコンを買って仮想環境の勉強をする。

 

 

 

 

 

これはどうか?


 

[中古]DELL ノートブックパソコン Latitude E6230 (ACアダプタ付)[凹み] /第3世代 Core i5-3340M 2.7(3.4)GHz/4GB/320GB/光学無/12.5/Win7Proコア/

●商品番号: 000000053335

価格:17,499円(税込価格 18,899円)

 
【商品説明】
★トップカバーに数箇所凹み、液晶面中央あたりに点状の加圧傷、ゴム足欠損があります。

★この商品はOS、ソフト、ドライバなどはインストールされていません。
 またドライバなどについてのご質問、サポートはできません。
 ご注意下さい。

【仕様】
■CPU:第3世代 Core i5-3340M 2.7(3.4)GHz
■チップセット:モバイル インテルR QM77 Express
■メモリー:4096MB
■ストレージ:320GB
■光学ドライブ:無し
■モニター:12.5インチTFT HD
■OS:インストールされていません
■コアシール:Win7Pro
■サイズ(W x D x H mm):約309 x 226 x 22.4
■重量(kg):約1.43
■付属品:ACアダプター

※詳しくはメーカーページ等でご確認ください
 上記の内容と相違する場合、メーカーページ等に準じます。
 (カスタマイズモデル・BTOモデル等では内容が相違している場合があります)

【状態】
※中古品につき、本体にキズ、汚れ、テカリ等があります。
 また、カードスロット等のダミーカードやネジなどの付属品が
 欠損している場合があります。
 特に記載無き場合は、スタンド、ACケーブル、モニターケーブル等は付属していません。

※画像はイメージです。

 

 
これもいいよね。
注目部分の色を変えているが、メモリ4GB、ディスク320GB、CPUはなんと Corei5だ。
で、1万8千円程度か。
これもいい。
いや、仮想化環境を構築するなら、これぐらいはほしいね。
 
まだまだ迷う。
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。