【体外受精】特定不妊治療費助成承認決定通知が届いた【次は豊島区の特定不妊治療助成金の申請へ】

先日「東京都特定不妊治療費助成」に申込みました。

以下、東京都特定不妊治療費助成金の申請方法を調べて実践した記事です。

初めての事なので結構調べました。

 

【体外受精】助成金の申請方法を調べて申請してみる【豊島区】【Part.1】

 

【体外受精】助成金の申請方法を調べて申請してみる【豊島区】【Part.2】

 

【体外受精】助成金の申請方法を調べて申請してみる【豊島区】【Part.3】

 

【体外受精】助成金の申請方法を調べて申請してみる【豊島区】【Part.4】

 

 

 

特定不妊治療費助成承認決定通知書が届いた

申請をしたのが2017年11月19日ごろです。

先日の2017年12月22日に東京都から「特定不妊治療費助成承認決定通知書」が届きました。

 

特定不妊治療費助成承認決定通知書

 

今回は初めての申請なので「助成金額」が 30万円 になっています。

 

 

通知は以下のような東京都の封筒で届きました。

特に書留などではなくそのまま郵便ポストに入っています。

特定不妊治療費助成承認決定通知書

 

一応これで一安心です。

特に申請の不備による修正依頼や指摘や連絡などはありませんでした。

単純に申請書を出して1カ月後に承認が下っただけです。

 

思ったより結果の通知が早かった

以下のように「東京都福祉保健局」のホームページを見ると申請を受け付けてから約2か月後に審査結果を通知する旨が記載されています。

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/smph/kodomo/kosodate/josei/funin/top.html

特定不妊治療費助成承認決定通知書

 

いつ助成金は振り込まれるのか?

結果の通知の約1か月後に、指定された口座に助成金が振り込まれます。

12月下旬に結果の通知が来たので、来年の2018年1月下旬には指定の口座に振り込まれます。

 

 

この後何をすればいいのか?豊島区からの助成金は?

実は東京都だけでなく豊島区も「特定不妊治療費助成」の制度があります。

 

豊島区特定不妊治療費助成のご案内

http://www.city.toshima.lg.jp/219/kenko/kenko/iryojose/tokyoto.html

 

 

申請できる人

  • 「東京都特定不妊治療費助成事業」の承認決定を受けている人
  • 東京都特定不妊治療費助成事業の承認決定を受けてから1年以内の人

 

注意点は、「東京都特定不妊治療費助金の承認が決定」されてから豊島区に申請する必要があるという点です。

同時には申請ができません。

 

申請方法

以下の必要書類を郵送します。

 

  1. 「豊島区特定不妊治療費助成申請書兼請求書」「申請及び請求額の算出方法シート」
  2. 東京都から交付された「特定不妊治療費助成承認決定通知書」のコピー
  3. 東京都へ提出した「特定不妊治療費助成事業受診等証明書」のコピー
  4. 東京都へ提出した「精巣内精子生検採取法等受診等証明書」のコピー
  5. 配偶者が区外に住民登録がある場合、戸籍謄本など夫婦であることが証明できる書類

 

この記事を書いていて思ったのが、3の東京都へ提出した「特定不妊治療費助成事業受診等証明書」のコピー

ですが、そもそも原本を東京都に送ってしまったので手元にはありません。

その場合はどうなるのでしょうか?

豊島区役所に電話連絡をして確認してみます。

4は関係ないため手元にないとして、書類を確認したところ 3 の「特定不妊治療費助成事業受診等証明書」だけがない状態です。

ただし念のために写真を撮っていたので、写真としては残っています(笑)

特定不妊治療費助成事業受診等証明書

 

 

助成金

以下のように2万5千円~5万円です。

今回は「治療ステージ B」なので助成金は5万円です。

  • 治療ステージ【A、B、D、E】 5万円
  • 治療ステージ【C、F】     2万5千円
  • 男性不妊治療         5万円

 

どこに申請するか?

必要書類を豊島区役所に郵送するか、豊島区役所に直接持参します。

 

■郵送先

〒170-0013豊島区東池袋1-20-9池袋保健所4階健康推進課管理・事業グループ

 

■問合せ先

池袋保健所健康推進課管理・事業グループ

電話03-3987-4173