自分の本籍地でしか「戸籍謄本」が取れない。本籍地が分からなければ住民票で戸籍を表示させて確認する

タイトルの通りです。

戸籍謄本が必要になった場合、自分の本籍地でしか「戸籍謄本」が取れません。

「自分の本籍地はどこ?」とそもそも自分の本籍地が分からない人がいるかもしれません。

今まで生きていく中で住所を転々としてそのたびに戸籍も動かしていた場合は、今の本籍地が分からないという方もいるかもしれません。

その場合は、住民票を取得すれば自分の本籍地が分かります。

戸籍は自分の本籍地でしか取れないので、そこから区や市を割り出して、区役所や市役所に行って戸籍を取ることになります。

実家が本籍の場合は、何のために存在しているのか分からない戸籍のために2~3日会社を休んで実家に帰省して・・・と思うかもしれませんが郵送も可能です。

しかし今後のことを考えると、戸籍は現在住んでいる住所の区役所や市役所にこまめに動かしておく方が後々楽になります。

 

夏休み、正月休み、GWなど平日休めるときに一気に移しておきましょう。