VMware Workstation 12 Player のネットワーク設定

自宅PC上で、Linuxの勉強をしたいので、VMware Workstation 12 Playerをインストール。

その後、ネットワークの設定周りを調べた。

デフォルトでは以下の設定になっていた。

(VMware Workstation 12 Playerのインストール後、何も設定をいじっていない)

 

ws000093

 

 

 

 

 

「ネットワーク接続」は、図のように以下の種類がある。

 

・ブリッジ:物理ネットワークに直接接続

 →仮想ネットワーク アダプタを物理ネットワークに直接接続する。

 

・NAT:ホストのIPアドレスを共有して使用

 →仮想ネットワーク アダプタでホストのIPアドレスを共有する

 

・ホストオンリー:プライベートネットワークをホストと共有

 →仮想ネットワーク アダプタとホストで共有するプライベートネットワークを作成する。

 

・カスタム:特定の仮想ネットワーク

 

・LANセグメント

 

ちなみに、インストール直後は「NAT」で設定されていた。

 

VMware Workstation  12 Playerをインストールして、CentOS 7 をインストール。

その後ホストOS(Windows 7)から Teraterm を起動して ssh でログインできたので、ネットワーク周りは何も設定していない。

もちろん、IPアドレスも設定していない。

 

CentOS 7 にログインしてネットワーク周りの設定を調べてみた。

 

 

# pwd
/etc/sysconfig/network-scripts

 

# cat ifcfg-eno16777736
TYPE=Ethernet
BOOTPROTO=dhcp
DEFROUTE=yes
IPV4_FAILURE_FATAL=no
IPV6INIT=yes
IPV6_AUTOCONF=yes
IPV6_DEFROUTE=yes
IPV6_FAILURE_FATAL=no
NAME=eno16777736
UUID=bd509843-6c23-4536-b9e7-e0d9085a7d57
DEVICE=eno16777736
ONBOOT=yes
PEERDNS=yes
PEERROUTES=yes
IPV6_PEERDNS=yes
IPV6_PEERROUTES=yes

 

BOOTPROTOが「dhcp」になっている。

つまり、ネットワーク起動時に、自動的にIPアドレスを取得している。

 

DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)とは、コンピュータに自動的にIPアドレスを割り当てるプロトコルである。

 

それで自動的にIPアドレスが付与されていた。

 

ただ、DHCPで自動的にIPアドレスが割り当てられているということは、IPアドレスを配布しているサーバが存在するということである。

 

VMware Workstation Player 12 のドキュメントを調べてみたら、「仮想スイッチ」なるものがあった。

 

 

 

 

 

ws000095

 

 

 

 

CentOS 7 と Windows でコマンドを実行して調べたら、こんなネットワーク構成になっているようだ。

最初は何が何だかさっぱり分からなかったが、pingとかnetstat -rnとかコマンドを実行しているうちに概要が分かってきた。

※ネットワークアダプタは、デフォルトの設定のままなので「NAT」である。

 

・ゲストOSの起動時に、DHCPサーバがIPアドレスを割り当てる。

・仮想DHCPサーバが存在する。(仮想スイッチはDHCPサーバではない)

 →VMware Workstation 12 Player内蔵のDHCPサーバ

・ホストOSにVMnet8というNICができる。

 →Teraterm等でホストOSからゲストOSへログインする時に使う。

・ゲストOSから外部ネットワーク(インターネット)へアクセスする場合は、仮想スイッチを経由して出ていく。

・仮想スイッチはNAT変換をする。

 →コマンドを実行して調べたところ、NAT変換で内部ローカル(192.168.106.128)から内部グローバル(192.168.1.4)に変換している。

 

 

ゲストOS上からnetstat -rnコマンドを実行

 

$ netstat -rn
Kernel IP routing table
Destination Gateway Genmask Flags MSS Window irtt Iface
0.0.0.0 192.168.106.2 0.0.0.0 UG 0 0 0 eno16777736
192.168.106.0 0.0.0.0 255.255.255.0 U 0 0 0 eno16777736
192.168.122.0 0.0.0.0 255.255.255.0 U 0 0 0 virbr0

 

デフォルトゲートウェイは、192.168.106.2になっている。

 

 

結論から言えば、VMware Workstation 12 PlayerでゲストOSをインストール後、特に何も設定しなくてもインターネットにアクセスできたが、内部的には上記のような設定になっていた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。