Linux板ニュース速報【Bash on Ubuntu on Windowsでrm -rf /するとどうなるか】

830: login:Penguin 2016/08/26(金) 15:50:15.83 ID:/o90OrfD

 

 

> Bash on Ubuntu on Windowsでrm -rf /するとどうなるか試してみました。

umount /mntしてからやってたらどうなったんだろう。
俺はやらないけどw

linux_02

 

 

引用元: http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/linux/1410843692/ 

 

 

 


【2chまとめ】人生成功を加速させるニュースまとめ 管理人サッスーの補足
管理人サッスーの補足

 
コマンドの解説
 
rm    ・・・ファイルやディレクトリを削除するコマンド
 
rmコマンドは知っていたが、このサイトの管理人は、
 

sudo rm -rf –no-preserve-root /

 

コマンドを実行している。

「–no-preserve-root」オプションは知らなかったので調べてみた。

 

サッスーのVPSにログイン

 

$ uname -rvo
2.6.32-642.4.2.el6.x86_64 #1 SMP Tue Aug 23 19:58:13 UTC 2016 GNU/Linux

 

$ rm –help
Usage: rm [OPTION]… FILE…
Remove (unlink) the FILE(s).

-f, –force ignore nonexistent files, never prompt
-i prompt before every removal
-I prompt once before removing more than three files, or
when removing recursively. Less intrusive than -i,
while still giving protection against most mistakes
–interactive[=WHEN] prompt according to WHEN: never, once (-I), or
always (-i). Without WHEN, prompt always
–one-file-system when removing a hierarchy recursively, skip any
directory that is on a file system different from
that of the corresponding command line argument
–no-preserve-root do not treat `/’ specially
–preserve-root do not remove `/’ (default)
-r, -R, –recursive remove directories and their contents recursively
-v, –verbose explain what is being done
–help この使い方を表示して終了
–version バージョン情報を表示して終了

By default, rm does not remove directories. Use the –recursive (-r or -R)
option to remove each listed directory, too, along with all of its contents.

`-‘ で始まる名前のファイルを削除するには、例えば `-foo’ というファイルなら
こういうコマンドを使いましょう
rm — -foo

rm ./-foo

ファイルの削除に rm を使った場合、通常はそのファイル内容を復元できてしまう、
ということには留意しておいてください。もしその内容を本当に復元不可能にする
保証を得たければ、shred の利用を考えてみてください。

Report rm bugs to bug-coreutils@gnu.org
GNU coreutils home page: <http://www.gnu.org/software/coreutils/>
General help using GNU software: <http://www.gnu.org/gethelp/>
Report rm translation bugs to <http://translationproject.org/team/>
For complete documentation, run: info coreutils ‘rm invocation’

 




 

初めて知ったが(笑)、

CentOS6系のrmコマンドに「–no-preserve-root」オプションがあったんだね。

知らなかったよ。

 

ちなみに、改めて「rm」コマンドのヘルプを見て気がついた点がもう1点。

 

「ファイルの削除に rm を使った場合、通常はそのファイル内容を復元できてしまう、
ということには留意しておいてください。もしその内容を本当に復元不可能にする
保証を得たければ、shred の利用を考えてみてください。」

 

そうなんですね。

rmコマンドで削除したからセキュリティ的には大丈夫と思っていると、

実は削除したファイルが復元できてしまう。

うっかりミス → 大問題に発展のパターンだね。

 

で、あるのは分かった。

じゃあ、このオプションはどういう意味なのか?

 

このオプションは一言で言うと / (ルートディレクトリ)を消すことができるというオプションだ。

逆に、「–no-preserve-root」オプションをつけないで、

rm -rf /

コマンドだけやっても、消せない。

 

実際にコマンドを実行すると、以下のような警告が出る。

 

$ sudo rm -rf /
rm: it is dangerous to operate recursively on `/’
rm: use –no-preserve-root to override this failsafe

 

ちなみに、Enterボタンを押下する際は若干緊張した。

 


 

832: login:Penguin 2016/08/26(金) 21:05:50.19 ID:txEVaMs1

>>830
これ思い出した

VM上のLinuxで「rm -rf /」
https://www.facebook.com/dnobori/posts/561344127275564

linux_03

 

「rm -rf /」でUEFI破壊
http://it.srad.jp/story/16/02/05/0549219/

 

linux_04

 

 




 

834: login:Penguin 2016/09/04(日) 18:17:03.46 ID:oKJRG1jR
>>830
誰かやるだろうなとは思ってたけどまさか起動できなくなるとは

【2chまとめ】人生成功を加速させるニュースまとめ 管理人サッスーの補足
管理人サッスーの補足

Unified Extensible Firmware Interface (ユニファイド・エクステンシブル・ファームウェア・インタフェース、UEFI)

オペレーティングシステム(OS)とプラットフォームファームウェアとの間のソフトウェアインタフェースを定義する仕様である。

UEFIはすべてのIBM PC互換機に採用された歴史的に古いSystem BIOSインタフェースのよりセキュアな置き換えを意図している。
遠隔診断やOSがロードされていない状態での修復なども可能とする。
「バイオス」読みで定着しているBIOSと異なり、読みに関してはこれといったものはなく、ガイドラインでも定められていないため、各々が好きなように呼んでいるのが現状である。
イギリスのPC Magazine誌は、マイクロソフトは「ユーイーエフアイ」としているが、ほかに「ウェフィ」「ユーフィ」「ユエフィ」とも読みうると指摘しているほか、英語版Wikipediaでは「ユイファイ」という読みも挙げられている。
UEFIの元となる EFI (Extensible Firmware Interface) 仕様は元々インテルとヒューレットパッカードによって開発された。
2005年、EFI 1.10に基づいてUEFIへと発展した。UEFI仕様は業界団体Unified EFI Forumの下で開発されている。
UEFIは特定のプロセッサアーキテクチャに限定されるものではなく、古いSystem BIOS実装の上で、あるいはSystem BIOSの代替として動作可能である。
そのため古いSystem BIOS実装の上で単にユーザインタフェースとして被せた構造の場合もある。
書籍やウェブサイト上の「UEFI-BIOS」のBIOSは、固有名詞ではなく基本入出力システム(basic input output system)の意味で誤記ではない。
UEFIを介するプラットフォームファームウェア設定を「BIOSセットアップ」と呼ぶのは一般用語であって誤用ではない。
 
 
uefi
 

 

詳細

EFI仕様によって定義されたインタフェースは、プラットフォーム情報などのデータテーブルを持っている。
この情報やEFIの機能はブートローダーやOSが利用できる。
UEFIファームウェアには以下のような技術的利点がある。

・2TiBを超える大きなディスクからブート可能。
・より高速なブート
・CPUに依存しないアーキテクチャ
・CPUに依存しないドライバ
・ネットワークも使用可能な柔軟なプレOS環境
・モジュール化設計
従来の System BIOS に対しての強化点としてはACPIやSMBIOSはすでにEFIの中にあるので、16ビットで動作するインタフェースに拠らなくても利用できる。

 

 
引用元:Wikiより

 

 




 

 

831: login:Penguin 2016/08/26(金) 19:36:53.80 ID:tSkOHo7I
/mnt/cってumount出きるんかな

 

833: login:Penguin 2016/08/29(月) 13:21:14.67 ID:8jJxhGbT

>> 831
できないね。

$ sudo umount /mnt/c
umount: /mnt/c: マウントされていません

っていうか新規にmountやろうとすると何やっても成功扱いかつ実際には
/etc/mtab に記録だけが追加されるという状態。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。